読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナゲブログ

140字をオーバーするときに使います。定期的に更新できるかは謎です。

試合で逆転を狙うときに意識していること

こんにちは、ナゲです。


今回は試合で逆転したいときに考えてることをまとめてみました。


最近友人から「体力逆転する試合展開多くないか…?なに考えるの?」と聞かれたので書いてみました。


・自分の考え方
ファウストでの逆転要素

の2点をまとめてます。


ただ、負けちゃうときは負けちゃうので、逆転できなくても「よし、次だ次!」くらいなノリでいますw

試合負けた後に"なんでそのラウンド負けてしまったか"や"どうすれば逆転できたか(どんな選択肢を通せたか)"を考えたりもしますが、"あぁ…逆転できなかった…"というのはあまり考えない気がします。

今回の考え方はおそらく自分にとって保険みたいなものですねw
ただ、その保険が活きる場面もありまして、考えてて良かったなーという状況も少なくありません。
何かの参考になれば幸いです!!


■自分の考え方


「不利な状況から逆転するために、通ると思ったことは何をやっても良い」


これは愛知でギルティギアを遊んでいたとき(約7~8年前)、ずっと言われていた言葉です。今でもこの言葉は自分に根強く残ってるなと思います。

優先して反省するのは「不利な状況を作ってしまったこと」であり、それは試合が終わった後やラウンドの合間で考えます。
自分の体力がほぼ無い&相手の体力が沢山残っている場合は、リスクを度外視してでも当たると思った選択肢をノータイムで繰り出す、ということを常に意識しています。どんな選択肢でも通らなかったら負けてしまう状況なら尚更。

互いの体力がドットの試合になったらまた少し考え方を変えてる気がしますが、体力追いつくまではずっとこの考えで行動してます。


「このキャラクターと対戦しててよくこのタイミングでこの技が置かれているからそれを狙う」とか「このプレイヤーは普段こういう選択肢を取るからこれをする」みたいことをします。特定の選択肢のみを狙っての行動も、当たると思ったらやります。


自分は「不利な状況になるまで使わない選択肢」というのを沢山持ってる気がします。
普段から使わないのは単純に危ないから(相手にチャンスを与えかねない選択肢だから)という判断をしていると思います。


あと"過去の展開を作った自分が責任持つから、体力ドットの自分は無責任でいい"とも考えてますね。文章にするとなんかすごい…。

ラウンドを取得できなくても「バーストを使わせた」とか「相手にプレッシャーを与えて、この選択肢を意識させられたかもしれない」と思って次のラウンドに臨みます。

段階としては、

「何も出来ずに負ける」
→「何らかの選択肢を意識させて負けるor相手の咄嗟の選択肢を覚えて負ける」
→「バースト消費させて負ける」
→「逆転勝ち」

って順序で考えてます。"勝利"という最終目標を見据えつつ、目先の目標をこなしていくイメージですね。

そのまま負けてしまうのは嫌なので、とにかく何かを残したと思えるように取り組みます。ただ、何も出来ずに負けてしまっても、"そもそもそういう状況"なので気にしません。

仮にドット勝負まで持ち込めて負けても、「勿体なかったなー!!」と思うこともあまりありません。元々負け試合のペースであれば、多くを望んでないので。
結果をあまり引きずらないのは、自分にとって良い方向に働いてるのかもしれませんね。


あとは「過去にパーフェクトで勝ったラウンドもあるし、それに比べたらまだ数発当たってもいい状況だ」と思ったりもします。逆転した試合は過去に沢山あるため「今回もまた逆転ができるかもしれない!」と思えるからこそ、諦めにくくなったというのもあるかもしれません。



ファウストでの逆転要素

自分的に、ファウストは逆転が狙えるキャラかなぁと思ってます。理由は下記の通りです。

・コンボ(槍点>ごーいんぐ、レレレなど)のゲージが溜まりやすい。
・起き攻めがループしやすく崩しも強い。
→ゲージが溜まりやすいというのは行動の幅が広がるので、相手に的を絞らせにくくできるかなと思います。ゲージは相手への接近や起き攻めに使うことが多いです。
ダウンさせたあとは、中下投げの崩しに加えて、露骨なバクステ対策、無敵技読み、暴れ潰しにも手を広げてリターンを狙います。


・待ちが強い(場合によっては体力が回復)。
・牽制や対空が強い。
・牽制や対空を盾にした接近が強い。
ファウスト相手には「待ち主体」がしにくいかなと。

アイテムを投げれば投げるほど、ファウスト側にもチャンスが生まれます。体力が回復する場合もあります。
それを嫌がって接近する相手は、ファウストの牽制や対空と付き合う必要が出てくるので、自分の仕掛ける接点が生まれます。

対設置キャラ(ヴェノムとか)に体力大幅有利を取られて厳しいなーと思う状況でも、無理やり接近してワンダウンから起き攻めで無茶苦茶するという選択肢もあります。


不利な状況であっても、相手の行動にあわせて勝ちパターンを作りやすいキャラかなと思います。




てことで以上です。

途中に書いてる"逆転までの過程を考えて、段階的に逆転を狙っていく"は、自分にとって効果があったように思います!

それでは。