読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナゲブログ

140字をオーバーするときに使います。定期的に更新できるかは謎です。

【闘神激突】かずのこさんとの試合で考えていたこと(1試合目)

こんにちは。ナゲです。

今回の記事は「闘神激突の試合で考えていたこと」です。
※本記事を英訳いただきましたのでリンクを貼ります!
【English】
http://www.twitlonger.com/show/n_1snenl0


対戦動画はこちらからご確認ください。

・闘神激突のタイムシフトlive.nicovideo.jp


・キーディスプレイ付のかずのこさんとの試合www.youtube.com


・試合前に考えていたこと
・試合中に考えていたこと

の2つに分けて書いてます。


1試合ごとに記事を分けようと思いますので、
2試合目以降は次回の更新で書きます。
この記事は1試合目だけです!



■試合前に考えていたこと
かずのこさんがどんなプレイヤーだったかを思い出していました。

※自分の予想
→無敵技での切り返しは要所で撃ってくる。
→走りこめると思われたら前に攻めてくる。
→金バーストでの切り返しを狙う。
→飛びと地上戦の使い分けがうまい。(飛び込みを通すのがうまい)

過去シリーズでの印象を思い返して考えていました。

あと実は「爆弾は出てほしくないな…」と思っていました。
結果的にメチャクチャ出てたんですけども。
出てほしくなかった理由は後述します。



■試合中に考えていたこと

youtubeの動画の再生時間に合わせて自分の行動と意図を書いていきます。


0:33 投げ返し
→走ってきたので「下段ガード>投げ」を意識しています。(1>4投げと入力しています)


0:37 メッタ斬り
→投げを狙われたこともあり、相手の出方を伺うために同じ崩しをやり返しました。
メッタ斬りを通したことで、序盤で緊張を和らげることができました。


0:50 バースト
→VVで確定バースト。バーストするポイントは決めているので、五分の状況をキープするために使用しました。


0:53 6HS
→崩しよりも状況維持を目的とした6HSです。ガードされてもヒットしてもこの距離をキープできればいい(当たったらおいしいなーくらい)でした。
あと遠目で6HSをしているのでVVで切り返しを狙いにくい&切り返されてもそこまで悪い状況にならないはず(※)…と思って使いました。

※…カウンターヒットはするが叩きつけが当たらない状況になると予想しての遠目6HSでした。


1:03 2Dに対してJ2Kがヒット
→ここは後日かずのこさんとも話をした部分なのですが、
ファウストの接近を2Dで止める」という対策が逆効果になってしまってました。
ドリルの軌道が変わりソルに当たっています。

かずのこさんが自分の手癖(対策)を修正できなかったーと言っていた点です。
僕としては意図してないポイントでダメージが取れてて(おー、ヒットした…!)と喜んでました。


1:19 対空5Kからの空中直ガ投げ
→「低空ダッシュを確認して対空5Kをするもスカっている>相手が砕けろのモーション>空中直ガ地上投げの対空にチェンジ」という場面です。
自分としても空中直ガできるか不安でしたが、結果としては低空ダッシュにも対空ズラしにも対応できている場面になりました。


1:37 黄RC
→体力が有利な状況だったこともあり、より確実にメテオをガードさせるため(相手に位置を切り替えられないため)に黄RCを使いました。
暗転中にソルが2Dをしているモーションが確認できたのでFDでガードしています。


1:41 6HS
→ここの6HSは実はあまり意識していませんでした。
キーディスプレイを見て予想するに、1:40で空中投げを狙い、失敗して6HSになってるようです。

自分もこのときの状況はあまり覚えておらず、
(あ、6HS出た…けど砕けろに勝つんじゃないか…?)
と思い、次の瞬間にはラウンドが取れていましたw


ここまでが1ラウンドですね。
全体的に「自分から下がりすぎない(中~遠距離戦で画面中央をキープする)」を意識していました。
対戦を見てみるとステージ中央の円部分あたりにいることが多いかなと。

試合前に「走りこめると思われたら前に攻めてくる。」と考えていたこともあったので、普段以上に画面中央のキープを意識していた気がします。


2:00 2Dに対してJ2Kがヒット
→1:03と同じですね。


2:12 レレレ赤RC
→遠S>ハンマー>レレレがヒットすると思い赤RCしましたが繋がりませんでした。
その後のダッシュなにが出るかな?は前方の空中復帰から反撃されかねない場面でした。
(ハンマーが出てる場合もあるのですけども…)


2:16 ブリンガーに対して3歩き2S
→咄嗟の場面だとなかなかできないのですが、5Pを出しながら様子見している場面だったので確定反撃を取れました。
かずのこさんは遠S狙いでブリンガーをしているのだと思います。


2:20 投げ仕込み6P連打
→キーディスプレイで6+P+HSを連打していることが確認できます。
ガードしないときはガード以外の行動を全力でやりきるようにしてます。


2:21 5Pがガンフレイムに負け
→距離が近くて燃えてしまいました。
もう少し遠いと「5P>ガンフレイムをガード」とできます。


2:25 レバー前入れP+K連打
→前方に空中復帰する際、PとKを連打しています。
復帰出来た場合には「JP>JK」と行動できるため、
相手にガードされているのか、ヒットしてコンボに繋げられるのかを確認してその後の行動を変えられます。

PとKを同時に押した場合にはPが優先されるので、
JKが出ずにJP>JKとなります。


2:28 叩きつけ後にダウンバースト
→VV>叩きつけを赤RCされることを警戒してダウンバーストにしました。


2:30 2HSガード>毒ガード>なにが出るかな
→2HSがヒットすると、毒ヒット>レレレがコンボになる場合があります。

なので2HS>レレレのコマンドを入れておく>ガードされてたらなにが出るかな、ヒットしてたらレレレ…を意識しています。

斜め上とか真上に入っているのは気にしないでください。

また、1:30でも似たような場面がありますが、
この場合だと、2HSがヒットしてもほぼ同時に毒もヒットするのでレレレが繋がらないと思います。
それでもレレレを出しているのは「確認してるヒマねぇから入れ込んじゃえ!(あぁ、でもこれ多分繋がらないわ…)」という、
わかっていてもついやってしまう的な行動だと思います。ミスです。


2:34 空中投げをされる
→爆弾が出てほしくなかった理由はこれで、かずのこさんは
「爆弾が出たときにジャンプして逃げるファウストを空中投げするのが上手い」んですね。

試合中も(あ、やっぱりここはやってくるよね)という感想でした。


2:40 レレレ(黄RC仕込み)
→GVや空中ダッシュで避けられたときのフォローとして黄RCを仕込んでいます。
ガードされていたので黄RCは出ませんでした。


2:42 2HSがヒット
→暴れ潰しとして機能しました。その後のレレレは確か入れ込みだったと思います。
そして赤RCをしつつ倒し切りのコンボ…という流れです。


1試合目までこんな感じでした!
書きだすの意外と面倒!

2試合目以降はまた次回ということで。
それでは。