読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナゲブログ

140字をオーバーするときに使います。定期的に更新できるかは謎です。

自分がゲームセンターに通いはじめた頃の話

こんにちは。ナゲです。


数日前に本ブログのアクセス数が5万を突破しておりました。
ここまでアクセスいただくことは全く予想していなかったので、
正直驚いています。記事を読んでくださった方はありがとうございます。


今回は「自分がゲームセンターへ行き始めた頃」を書きました。


あーくれぼや闘神激突などのイベントをきっかけに、
格闘ゲームにはじめた興味を持った!」という方がいらっしゃるようだったので、
「そういえば自分はどうやってゲーム関係の知り合いが出来たっけ?」
ということを思い出しながら書いてみました。


・自分が通いはじめた頃
・レバーに慣れるために
・乱入をしはじめたとき
・ゲームセンターでの交流が増えたとき
・まとめ
という流れで書いています。

僕はすぐに知り合いが出来なかったので、
「こんな感じでゲーセン通ってましたー!」って内容です。

※当時の記憶がかなり曖昧なので、時系列が誤っている可能性があります。ご了承ください…!


■自分が通いはじめた頃
僕がゲームセンターに通いはじめたのは、
おそらく高校生あたりです。

きっかけは、友人に紹介されたギルティギアの対戦動画を見て、
「自分もこれだけキャラクターを動かして対戦できるようになりたい!!」と思ったから。

学校の友人と家庭用ゲームで遊ぶこともありましたが、
「ゲームセンターの友人」は当時いませんでした。
学校の友人の友人くらいの範囲で遊んでいました。

また、自分の家はインターネットがダイアル回線で、
対戦動画やコンボムービーを見ることが出来ませんでした。
(数分の動画のダウンロードに数時間くらいかかる。)

インターネットもあまりしなかったので、
どのゲームセンターに人がいるかもわからず、
とりあえず家の近くのゲームセンターを転々としていました。

「全国大会を目指そう!」という目標を持ったのは大学生くらいからです。
それでもおよそ10年ほど前ですね。


■レバーに慣れるために
まず「レバーに慣れよう」と思って、色々なゲームを遊びました。

当時はお金が無くて家庭用のアケコンを買えず、
格闘ゲーム以外でもいいから、とにかくレバーの操作に慣れたい」と思い、
20円でできるスプラッターハウスに連コしてました。

あとはギルティギア以外にカプエス2、KOFあたりの格闘ゲームでも遊び、CPU戦でコマンドの練習をしていました。

ある程度コマンドの入力が出来るようになってからは、
ギルティギアに集中してコインを入れ、1人用でコンボ練習をしていました。


※ちなみに
僕はコマンド入力がめちゃくちゃ雑です。

www.nicovideo.jp

6:00以降で僕の手元が映っているのですが、
入力する度に勢いが付きすぎて手を放しています。

「とにかく技が出ればいいや」くらいで続けてしまい、
そのままの状態で時が経ってしまいました。
現在少しずつ矯正するよう意識していますが、
あまり参考にしないでくださいね…ははは…。


■乱入をしはじめたとき
僕は当時から「知らない人と対戦してみたいなー」と思っていたのですが、
乱入していいかわからずにおずおずとしていることが非常に多かったです。

とりあえずCPU戦をして、乱入待ちをしていました。
乱入されたら、待ってましたといわんばかりに乱入し返していました。
何度か見かけたことがある人なら「乱入してもいいですか?」と聞いたりしていました。

あとは、過去に乱入されたことがある人には、
別の日に自分から乱入したりもしました。

ある程度対戦で勝ったり負けたりできるようになってからは、
周りの目を気にせず、大人数の中でも乱入するようになってました。


■ゲームセンターでの交流が増えたとき
ゲームセンターでいつものように遊んでいたら、
とあるプレイヤーの方から「よくこのゲーム遊んでるね」と声をかけていただきました。

当時、僕はどうやって交流を持てばいいかわからず、
自分から話しかけることがずっと出来なかったため、
このように配慮してもらえたのがすごく嬉しかったです。

一度交流を持った後は、更に知り合いを紹介してもらい、
ゲームセンターでの友人が一気に増えていきました。

知り合いが少ない中でもゲームセンターには通っていたので
「あ、なんかよく見たことあるなー」と思って話してくださるプレイヤーが多かったのかなと思います。

そしてほぼ同時期に「全国大会に出てみたい!」という目標を持ち始め、
"超"という危険な友人が出来、より格闘ゲームにのめり込んだのでした。


■まとめ
最近だとTwitterだったりネット対戦だったりと、
実際に会わないでも交流できるツールがありますね。

家庭用のイベントも増えてきて、初中級者同士で集まろうという動きもよくTLで見かけます。

交流を持つ方法は色々あると思いますが、格闘ゲームの対戦のモチベーションを維持する上で、
「ゲームの楽しみ方が近いプレイヤーと交流を持つこと」
が大事だなーと考えています。

身近にライバルがいるからこそ「もっと強くなろう!」とか「一緒に強くなりたい!」と思えました。

僕は「強くなりたい」ってのが目的だったのですが、
そうではなくても、同じ楽しみ方を共有できる人がいると、
よりのめり込めるかなーと思っています。


そんな感じで以上です。
趣味の交流はこれからも大事にしていきたいと思っております!

それでは。