読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナゲブログ

140字をオーバーするときに使います。定期的に更新できるかは謎です。

EVO2015の感想

※以前twitlongerで投稿した内容です※


【英訳版(English)】
http://www.twitlonger.com/show/n_1sn4dbm



ナゲです。
こちらはEVOの帰りの飛行機の中で書いております。

大変良い経験をしたので、EVOへ行きたいと思ったきっかけから、初めて海外旅行をして、EVOに行って、帰国した後どうしたいと考えているか…を簡単にまとめて書こうと思います。

拙い文章ですがお時間あるときにでも読んでくれると嬉しいですw



■きっかけ編
「Xrdが初メインタイトルになった」と「周りで行こうとしている面子が多かった」いうのがとても大きいです。

EVOにはアルカプをやり始めた数年前から興味を持っていましたが、Xrdがメインタイトルに選ばれたことがとても嬉しく、「海外に行くのが面倒」という気持ちは簡単に吹き飛ばされました。

また、周りでEVOに行こうとしている面子が予想以上に多く、グループの中に入って渡航の準備をすることで、自分の負担を減らしつつ、楽しく旅の準備ができました。
誘ってくれたタカさんをはじめ、一緒に行動してくれた中村・りおんさん・長谷川さん・コンソメさん、海外旅行のアドバイスをくださったヒロさん・たいつさん・ABEGENさん、アケコンイラストを描いてくれたsowelさんにはとても感謝しています。(名前を挙げたらキリが無いので割愛します…)


■渡航編
「ミスったら終わりの0回戦」はかなりのプレッシャーでした。

ESTA申請、EVOエントリー、搭乗手続き、無線Wi-Fiの予約、保険の契約、モニタやPS3本体の持ち運び…とはじめてのことが多くて不安でした。

ただ、このあたりは6人組で何度もチェックをしてたので、終わってみたら「すんなり終わって良かった!」て感じでした。

僕は「EVOで優勝する」という目標があったので、精神力を削る要素を排除できて本当に良かったと思います。


■EVO編
・海外のプレイヤーについて
これを書きたかった!!w

僕は「海外のプレイヤーは強い」と思いました。
特に新キャラのレオ、エルフェルトで強いプレイヤーが多いなと。

今回は結果的にファイナリスト8人中7人が日本人で、「ギルティギアは日本のプレイヤーが強すぎる」と印象を持たれたかもしれません。ただ、来年もしEVOのメインタイトルにXrdが選ばれたとしたら、僕は似たような結果にならないんじゃないかなと思っています。

海外のプレイヤーは「ガードが固く、セットプレイを詰めている」という印象でした。
今回僕が勝てたのは「これまでの対戦数が多く、土壇場の選択肢で正解を引けたから」という理由が大きく、今後海外でギルティギアの対戦が活発になっていけば、そのあたりの差は無くなっていくと思います。

・大会結果について
結果としては準優勝でした。

全体的なキャラ対策はそこそこ考えていたつもりですが、最後の最後で小川さん対策(人対策)を詰めきれてなかったことが悔やまれます。基本操作のミスももう少し減らせた気がします。
あーくれぼ2014でも決勝で負けており、自分の詰めの甘さを強く感じています。その点については課題として残ったままかなと。

結果に反映されたポイントもあります。
エルフェルト戦が不安だったのでとにかく色々なプレイヤーと事前に対戦し、ウィナーズトーナメントでエルフェルト3連戦が発生してもルーザーズに落ちなかったこと。
KSBで負けてしまったヲシゲさん用の対策(行動指針)を準備し、ルーザーズファイナルで結果を出せたこと。
膝おきに慣れて家庭用でも自分の力を発揮できるようにすること。
やった分だけ返ってきてくれたなと思います。

最近、特に自分が強くなる実感を得ながらゲームができているので、今回のEVOを通して「もっと強くなれる」という気持ちがより強まりました。

あと、ACあたりから大会の結果を残せるようになった後発プレイヤー(と言っていいかは謎ですが…w)の自分としては、小川さんやヲシゲさんが最強のままってのはやっぱり悔しいです。
自分がギルティやりはじめた頃から「雲の上の存在」として君臨していた小川さんやヲシゲさんが、今でも現役として自分と対戦してくれる…てのは大変光栄というかものすごく嬉しいことなんですけどね。

ただ「小川やヲシゲのゲーム」ってのを変えていきたいなと。


・自分について
自分自身のプレイスタイルはわりと地味だと思っています。

「とにかく基本の行動指針や対策を詰めて、咄嗟の判断でそれなりに良い選択肢を選び続ける。それだけだと勝てないからたまにジャンケンを仕掛ける。ジャンケンを仕掛けるときは本気で折りにいく。」というイメージで、対戦の中でこそこそと優位に立ってるような感じです。

「あんたも充分おかしいよ!」とツッコミを受けるかもしれませんが、僕はあくまでも「凡事徹底」のつもりです。
関東に来た頃(2009年頃)は強いプレイヤーにほとんど勝てず、1個ずつ地味に地味に動きを修正していったからこそ、今の自分があると思うので。

「派手さは無くても、課題を解決していったら他の強いプレイヤー達と渡りあえる!地道にでも道は開ける!」ということを伝えたいと思ってます。

自分の対戦中の考えを発信する機会(Twitter、配信等)も多いので、僕はこう考えて対戦してますってのはドンドン出していきます。よかったら見てね。


■今後編
来年のEVOでギルティギアが再度メインタイトルに選ばれたら、僕はまた行くんじゃないかなと思いました。というか余程のことがない限り行きます。

海外のプレイヤーと交流を持ったのでまた来年も会いたいですし、あの壇上の独特の気持ちよさをまた味わいたいです。
来年には違うバージョンになってて、海外プレイヤーのレベルもグンと上がってそうで非常に楽しみ。

あと「EVOは行って後悔しない」と聞いた通り、全く後悔しませんでした。(自分にそこまでトラブルが無かったからってのもあると思いますが)

行ける人は是非検討してみてください。

そんな感じ!長くなってしまったが以上!